本店とは?

新潟で不動産業を開業しようとお考えの方をお手伝いしております。

トラスト行政書士事務所の真柄です。

さて、宅建業の本店とはどこでしょうか?

答えは登記簿謄本に載っている本です。

つまり、登記簿謄本の本店以外で宅建業を始める場合には、そこは従たる事務所ということになります。

例えば、登記簿謄本の本店は自宅住所になっていて、実際は違う場所で事務所がある場合、自宅が本店、実際に事務所がある場所は従たる事務所ということになります。

そうするとどんな問題があるでしょうか?

専任の宅建士が本店と従たる事務所に最低1人ずつの2人は必要です。

もちろん、供託金も本店➕従たる事務所分が必要です。

宅建業の申請では「事務所」がとても重要なになります。

本店で宅建業を営まない場合であっても登記簿謄本の本店が宅建業の本店となりますのでご注意下さい。